歯磨きの歴史

みそねさんからの質問

Meister1 face photo

LION オーラルケアマイスター

平野 正徳ひらの まさのり

歯とお口の健康

歯を磨く習慣は、インドが始まりと言われています。最初に“歯磨き”を提唱したのはお釈迦様。弟子の口がとても臭いことが気になったお釈迦様が、戒律のひとつとして、口の中をきれいにすることを弟子に指導しました。その後、歯磨きが日本に伝わったのは、仏教の伝来のとき。まず僧侶の間で習慣となり、公家や庶民へと広がりを見せていきました。庶民が歯を磨くようになったのは、江戸時代のことです。

歯磨きが伝わった頃は、歯木(しぼく)といって、柳の小枝の一端を嚙んで房状にしたもので、歯を磨いていました。その後、江戸時代になると、房楊枝(ふさようじ)が使われるようになりました。房楊枝とは柳や黒文字などの木の幹を割って小枝にし、その一端を煮て木槌でたたき房状に加工したものです。これに注目した街の商人が京都や大阪、江戸で売り始め、庶民にも馴染みのある口腔ケア用品になったのです。この房楊枝が、今の歯ブラシの元祖となります。今のように歯ブラシという名がついた商品が登場したのは大正2年(1913年)。ライオンの「萬歳歯刷子(ばんざいはぶらし)」が最初です。

また、日本で最初にハミガキが売られたのは江戸時代。丁子屋喜左衛門(ちょうじやきざえもん)の「大明香薬砂(だいみょうこうくすりずな)」が最初と言われています。当時のハミガキは粉状で、房州砂(ぼうしゅうずな:粘土の細かい粒)に香料を混ぜて作られていました。今のような、ペースト状でチューブ入りのハミガキが登場したのは1911年。「ライオン固練りチューブ入り歯磨」が最初です。ちなみに、今のペースト状のハミガキのことを、“歯磨き粉”と呼ぶ方がいるのは、昔、粉状のものを使っていた名残です。

今では、歯ブラシやハミガキは進化して、いろいろな種類のものが売られています。いつまでも健康な歯でいるために、自分に合った商品を選んでくださいね。

横浜にある「歯の博物館」を取材した記事がこちらにあります。昔のむし歯の治療法なども紹介しています。ぜひ、ご覧下さい。

 

 ※このご質問はメールマガジンを通していただいたものです。


みんなのハテナ

掃除、洗濯、健康・美容、オーラルケアに関する疑問について、暮らしのマイスターがお答えします

これまでに寄せられた悩みを見る >

質問するには
ログインが必要です


関連するくらしのアイデア

キーワードから探す


あわせて読みたい記事

人気のハテナ 週間ランキング


Lideaからのお知らせ

着たい服を着ようキャンペーン

注目の記事

家事フェス
夫婦円満都市推進プロジェクト
災害時の清潔・健康ケア