歯医者さんで、歯間ブラシを使うように言われました。そのやり方や商品の説明があれば知りたいです。

50代女性からの質問

Meister1 face photo

LION オーラルケアマイスター

平野 正徳ひらの まさのり

歯とお口の健康

歯間ブラシは、むし歯や歯周病になりやすい歯と歯の間の歯垢を取り除くため、ぜひとも使っていただきたいアイテムです。 歯間ブラシの選び方と使い方のポイントをご紹介します。

歯間ブラシの選び方

歯間ブラシにはいろいろなサイズがありますが、使用する部位にあったサイズ選びが大切です。歯と歯の隙間に抵抗なく挿入できる大きさが目安です。初めて使用する場合は小さいサイズから試すようにしましょう。

ハンドルの「形状」も大きく分けて「L字型」と「I字型」の2種類あります。 掃除のしにくい奥歯の歯間もしっかりケアできる「L字型」の歯間ブラシがおすすめです。
選び方のポイントを動画で説明しています。ぜひ、こちらの記事をご覧ください。 

 

歯間ブラシの使い方

①歯間ブラシは鏡を見ながら使いましょう。

②鉛筆のように持ち、歯茎を傷つけないよう、歯間ブラシの先端を斜め上に向けるようにして挿入します(下の歯の場合)。

③歯間ブラシを水平にして、歯と歯茎の境目に沿わせて2、3回動かし歯垢を落とします。

④奥歯は外側だけでなく、内側からも清掃すると、より効果的です。 使い方のポイントを動画で説明しています。ぜひ、こちらの記事をご覧ください。

なお、歯科医院で相談すると、自分のお口の状態に合わせてアドバイスしてもらえます。


※このご質問はメールマガジンを通していただいたものです。

LION おすすめの商品


みんなのハテナ

掃除、洗濯、健康・美容、オーラルケアに関する疑問について、暮らしのマイスターがお答えします

これまでに寄せられた悩みを見る >

質問するには
ログインが必要です


関連するくらしのアイデア

キーワードから探す

人気のハテナ 週間ランキング


注目の記事

家事フェス
夫婦円満都市推進プロジェクト
災害時の清潔・健康ケア