冬のお風呂の楽しみ方について教えて下さい。

30代 男性の方からの質問

Meister4 face photo

LION ヘルスケアマイスター

芳賀 理佳はが りか

健康・美容

寒くなると温かいお風呂が恋しくなりますよね。この時期におすすめの入浴方法を目的別にご紹介します。

1.手足の冷えを解消したいとき

シャワーだけで済ませるより、38~40℃のお湯にゆっくり浸かるのがおすすめ。血液が心臓から出て身体をめぐり、また戻ってくるのに1分弱かかるといわれています。3分間のシャワーよりもお湯に10~15分浸かれば、10回、15回と温められた血液が身体をめぐるので効率よく身体が温まります。

2.身体の疲れを取りたい、むくみをやわらげたいとき

半身浴よりも全身浴がおすすめです。40℃前後のたっぷりのお湯に首まで浸かりましょう。浮力が得られ、身体を支えるために緊張していた筋肉もほぐれます。また水圧がかかるので、むくみを和らげる効果も期待できます。ただし、心臓が弱い方や血圧が高い方には水圧が負担になることがありますので、心配な方はみぞおちまでお湯に浸かる半身浴を。

3.肌のかさつきをケアしたいとき

浴槽にスキンケア系の入浴剤を入れ、38~40℃のお湯にゆっくり浸かりましょう。熱すぎるお湯はかさつきの原因になるので注意してください。浸かる時間は10~15分くらいが目安です。上がり湯をせずにそのままタオルで拭くと、保湿成分が肌に残り、よりしっとりします。

4.寝つきをよくしたいとき

就寝1~2時間前に、40℃前後のお湯に10~15分くらい浸かりましょう。私たちの身体は芯の体温(深部体温)が下がるときに眠りに入りやすくなるようにできています。ですから、就寝前にお風呂に入って身体の芯を温めておくと、寝る時に体温が下がって効果的です。また、ぬるめのお湯には副交感神経を優位にしてリラックス効果を高めたり、筋肉を弛緩させる効果があることがわかっています。

LION おすすめの商品


みんなのハテナ

掃除、洗濯、健康・美容、オーラルケアに関する疑問について、暮らしのマイスターがお答えします

これまでに寄せられた悩みを見る >

質問するには
ログインが必要です


キーワードから探す


あわせて読まれている記事

人気のハテナ 急上昇ランキング


Lideaからのお知らせ

irodori - くらしを彩るウェブマガジン

注目の記事

夫婦円満都市推進プロジェクト
災害時の清潔・健康ケア

Lidea公式facebookページ 日々更新中!

知っていると便利な情報や
お得なキャンペーンをお知らせします♪