冬になると足のかかとが肌荒れします。どうケアしたら良いでしょうか?

moka8さんからの質問

Meister4 face photo

LION ヘルスケアマイスター

芳賀 理佳はが りか

健康・美容

冬は外気の乾燥とともに、肌の乾燥も進んでしまいますよね。腕や脚はケアしても、かかとは後回しになりがちです。
かかとの皮膚は、加齢などによってターンオーバー(代謝)が低下することや歩行などの刺激によって角質が厚くなり、乾燥しやすくなります。また、かかとには乾燥から守ってくれる皮脂を分泌する皮脂腺がなく、乾燥が進みやすいためガサガサになってしまうんです。乾燥して肌荒れした角質に体重がかかるとひび割れにつながることもあります。

では、ガサガサになったかかと、どのようにケアしたらいいのでしょうか? 
①余分な角質を取り除く
まず、厚く硬くなってしまったかかとの角質は、専用のケア用品で取り除きましょう。お風呂に浸かって肌をやわらかくして、その後スクラブ剤などを使って古い角質を落としましょう。ただし、角質の取りすぎは刺激を受けやすくなったりして、かえって肌トラブルが多くなってしまうので要注意です。
②しっかり保湿をする
余分な角質を取り除いたあとの肌は、乾燥を防ぐためにしっかり保湿をしましょう。貼るタイプの保湿シートならべたつかず、手軽にしっかり保湿できますよ!

セルフケアをしても改善しない場合は、角化症や水虫が発生している可能性もあります。その場合は、皮膚科などで医師の診察を受けてください。

今冬は特に乾燥した日が続いていますので、しっかりケアをして、ガサガサかかとから卒業しましょう!

LION おすすめの商品


みんなのハテナ

掃除、洗濯、健康・美容、オーラルケアに関する疑問について、暮らしのマイスターがお答えします

これまでに寄せられた悩みを見る >

質問するには
ログインが必要です


キーワードから探す

人気のハテナ 急上昇ランキング


Lideaからのお知らせ

irodori - くらしを彩るウェブマガジン

注目の記事

夫婦円満都市推進プロジェクト
災害時の清潔・健康ケア

Lidea公式facebookページ 日々更新中!

知っていると便利な情報や
お得なキャンペーンをお知らせします♪