生理中の下痢。どんな対策をしたらいいですか?

おじゃっしゅさんからの質問

Meister4 face photo

LION ヘルスケアマイスター

芳賀 理佳はが りか

健康・美容

生理時は、ただでさえ憂鬱なのに、下痢の症状も出るとゲッソリしてしまいますよね。
ライオンの調査では、生理年齢にある女性の15~20%が、生理時に「下痢」を発症していました。

実は、生理時の「下痢」は生理周期によるホルモン量の変化が関係しているほかに、生理中は心理的にも不安定な状態が続くことで、ストレスから下痢を起こすこともあるようです。

生理中に少しでも快適に過ごせるように、生理時の下痢の「予防」と「対策」をご紹介します。
①からだが冷えないように注意する
生理周期による下痢には、「からだを冷やさないようにすること」が大切です。保温性の高い下着やカイロなどを使って、お腹を温めるようにしましょう。
②下痢を起こしやすい食品は控える
果物や豆類に含まれる「糖類」や「甘味剤」は、水分を腸内に貯める作用があるため下痢を引き起こすことがあります。「辛い食べ物」や「コーヒー」「冷たい食べ物や飲み物」なども、消化管への刺激によって下痢を引き起こすことがあるため、これらの食品は控えるようにしましょう。
また、生理の時に限らず、食べ過ぎや早食いは消化不良を起こし、その結果、発生したガスが腸の粘膜を刺激して腸が異常収縮するため、下痢が起こりやすくなります。食事はよく噛んで、ゆっくり食べるようにしましょう。
③水なしで飲める下痢止め薬を携帯
通勤通学途中や仕事中の急な下痢が心配なら、「水なしで飲める下痢止め薬」の携帯がおすすめです。

LION おすすめの商品


みんなのハテナ

掃除、洗濯、健康・美容、オーラルケアに関する疑問について、暮らしのマイスターがお答えします

これまでに寄せられた悩みを見る >

質問するには
ログインが必要です


キーワードから探す

人気のハテナ 急上昇ランキング


Lideaからのお知らせ

irodori - くらしを彩るウェブマガジン

注目の記事

夫婦円満都市推進プロジェクト
災害時の清潔・健康ケア

Lidea公式facebookページ 日々更新中!

知っていると便利な情報や
お得なキャンペーンをお知らせします♪