歯並びが悪いのでデンタルフロスが歯に上手く入りません。上手く入るにはどうしたらよいのでしょうか。

バシミーさんからの質問

Meister1 face photo

LION オーラルケアマイスター

平野 正徳ひらの まさのり

歯とお口の健康

歯並びなどの影響でデンタルフロスが入りにくい場所ってありますよね。
なかなか入らないからといって狭い歯間に無理やり力まかせに入れようとすると、勢いあまって糸(フロス)で歯ぐきを傷つけてしまうことがあるので無理は禁物です。

歯並びの悪いところは歯が重なって生えている場合があります。このような場所は、糸を挿入する角度をいろいろと変えてみると、スッと入る角度がある場合があります。
それでも、入りにくい場合はデンタルフロスを変えてみるのも一つの方法です。
製品により、糸の太さや形状はいろいろあります。
歯と歯の間に入りやすいようワックス加工されていたり、
スリムで摩擦力の小さい糸を用いたもの。
テープ状(細い方を歯間に挿入する)のものなど種類は豊富です。

ハブラシだけでは取れにくい、歯と歯の間の汚れを取るために、デンタルフロスを使う習慣をつけることはとても重要です。
ぜひ、自分にあったデンタルフロスを見つけてくださいネ。

デンタルフロスの種類については「デンタルフロスの使用を習慣にするために」をご覧ください。動画でいろいろなデンタルフロスを紹介しています。
また、デンタルフロス(ロールタイプ)の詳しい使い方は「ロールタイプのデンタルフロスの使い方とポイント」をご覧下さい。動画で使い方を説明しています。

LION おすすめの商品


みんなのハテナ

掃除、洗濯、健康・美容、オーラルケアに関する疑問について、暮らしのマイスターがお答えします

これまでに寄せられた悩みを見る >

質問するには
ログインが必要です


キーワードから探す


あわせて読まれている記事

人気のハテナ 急上昇ランキング


Lideaからのお知らせ

irodori - くらしを彩るウェブマガジン

注目の記事

夫婦円満都市推進プロジェクト
災害時の清潔・健康ケア

Lidea公式facebookページ 日々更新中!

知っていると便利な情報や
お得なキャンペーンをお知らせします♪