歯並びが悪いときの歯みがきの仕方を知りたいです。

ruruさんからの質問

Meister1 face photo

LION オーラルケアマイスター

平野 正徳ひらの まさのり

歯とお口の健康

歯並びの悪いところは、ハブラシの毛先が届きにくいのでみがき残しが多いところです。
しかし、歯垢が残っているとむし歯や歯周病の原因になってしまうので、お口の状態に合わせて歯垢を残さず落とす工夫が大切です。

歯並びの悪いところは、ハブラシを横に動かしてもハブラシの毛先がきちんと当たりません。ハブラシを縦にあて、上下に動かしてみがきましょう。歯の側面に毛先がきちんと当たるよう意識してみがくのがポイントです

また、歯並びの状態によっては、ハブラシの毛先がどうしても届きにくい場所があります。そうした場所には「タフトブラシ(ヘッドが小さい部分みがき用ハブラシ)」の使用がおすすめです。歯並びが悪く普通のハブラシでは毛先が届きにくい場所にも、タフトブラシならピンポイントで毛先が届きます。みがき残しが気になる場所に毛先を当て、軽い力で小刻みに動かしてみがいて下さい。

タフトブラシの詳しい使い方は「自分の歯並びに合わせてみがけるタフトブラシの使い方」をご覧下さい。動画で使い方を説明しています。

※このご質問はメ-ルマガジンを通して頂いたものです。

LION おすすめの商品


みんなのハテナ

掃除、洗濯、健康・美容、オーラルケアに関する疑問について、暮らしのマイスターがお答えします

これまでに寄せられた悩みを見る >

質問するには
ログインが必要です


キーワードから探す

人気のハテナ 急上昇ランキング


Lideaからのお知らせ

irodori - くらしを彩るウェブマガジン
「#my_irodori」プレゼントキャンペーン

注目の記事

夫婦円満都市推進プロジェクト
災害時の清潔・健康ケア

Lidea公式facebookページ 日々更新中!

知っていると便利な情報や
お得なキャンペーンをお知らせします♪