むし歯になりにくい歯のみがき方

女性からの質問

Meister1 face photo

LION オーラルケアマイスター

平野 正徳ひらの まさのり

歯とお口の健康

むし歯を予防するためには、むし歯の原因となる歯垢を残さず落とすことが大切です。
歯と歯の間や歯と歯ぐきの境目、奥歯の噛み合わせの溝は特に歯垢がたまりやすく、むし歯になりやすいので丁寧にみがきましょう。ブラッシングの方法は歯科医師や歯科衛生士に相談の上、自分の歯並びに適した方法でみがくことが大切ですが、ここでは基本的な方法について説明します。

1.歯みがきの基本を意識して丁寧にみがく
歯みがきの基本は、「ハブラシの毛先を歯面にきちんとあてる」「毛先が広がらない程度の軽い力でみがく」「小刻みに動かして1~2本ずつみがく」の3つです。基本を意識して、1カ所あたり20回程度を目安に丁寧にみがきましょう。

2.タフトブラシを併用する
歯並びの悪いところ、一番後ろの奥歯の奥側など、ハブラシを当てにくい箇所は、タフトブラシ(ヘッドの小さな部分みがき用ハブラシ)を併用するようにしましょう。

3.歯間清掃用具を使用する
歯と歯の間はハブラシの毛先が届きにくく歯垢が残りやすいので、歯間清掃用具の使用が欠かせません。ハブラシに加えてデンタルフロスや歯間ブラシを使いましょう。

さらに、歯みがきをする際には「フッ素」が配合されたハミガキを使いましょう。フッ素の効果を十分に発揮させるため、成人の場合、1回に使用するハミガキの量は1~2cmが適量です。また、フッ素は歯をみがいた後も口の中に残って効果を発揮します。すすぎは10~15mlの少量の水で、1回程度にしておきましょう。

詳しくは「知っておきたい「むし歯」の基礎知識〜原因から予防方法まで〜」をご覧下さい。

 

※このご質問はメ-ルマガジンを通して頂いたものです。

LION おすすめの商品


みんなのハテナ

掃除、洗濯、健康・美容、オーラルケアに関する疑問について、暮らしのマイスターがお答えします

これまでに寄せられた悩みを見る >

質問するには
ログインが必要です


関連するくらしのアイデア

キーワードから探す


あわせて読まれている記事

人気のハテナ 急上昇ランキング


Lideaからのお知らせ

irodori - くらしを彩るウェブマガジン

注目の記事

夫婦円満都市推進プロジェクト
災害時の清潔・健康ケア

Lidea公式facebookページ 日々更新中!

知っていると便利な情報や
お得なキャンペーンをお知らせします♪