清潔感があり、かつ利便性のよいキッチンの生ゴミの処理方法とはどのようなものでしょう? 現在我が家では、シンクの排水口のゴミ受けに使い捨ての袋を着け、数日経ってゴミが溜まったら袋を捨てるという方法です。しかし、溜まりつつある生ゴミをたびたび見るのは気持ち悪いですし、夏は常に湿っている生ゴミが腐り、嫌なニオイがしたりします。私としては、使用ごとに生ゴミを取り除き、普通のゴミ箱に捨てて乾燥させるやり方にしたいのですが、家族の同意がとれません。

はっぴーたいむさんからの質問

Meister5 face photo

LION リビングケアマイスター

杉本 美穂すぎもと みほ

キッチン

夏は生ゴミからニオイが出てくるので、嫌ですよね。

キッチンでは調理や食事の後片付けのときに発生する食べ物のゴミが、菌の栄養分となります。常に水を使うキッチンは、湿度もあり、菌にとっては絶好のすみかです。
特に夏場のように30℃前後の環境では、ニオイやヌメリを発生させる菌が増殖します。
その周囲にはカビも発生しますし、夜行性のゴキブリを寄せ付けてしまうことにもなりかねません。

こうした生ゴミを乾燥させるといっても時間がかかるので、なかなか難しいと思います。おすすめは、生ゴミを素早く密封すること。生ゴミが出たら水気を切り、ポリ袋などに入れ密封し、ゴミの収集日までフタ付きのゴミ箱に入れておく方法です。少なくとも1日の最後には、シンクやゴミ受けに生ゴミを残さず、密封して捨てましょう。
また、夏場やゴミの収集日まで日数があるときは、生ゴミの嫌なニオイを消し、腐敗臭を抑制する生ゴミ用の消臭スプレーを直接スプレーしておくこともおすすめです。

ニオイや害虫など、生ゴミを放置することのリスクを、ご家族にもご理解いただけるといいですね。

LION おすすめの商品


みんなのハテナ

掃除、洗濯、健康・美容、オーラルケアに関する疑問について、暮らしのマイスターがお答えします

これまでに寄せられた悩みを見る >

質問するには
ログインが必要です


キーワードから探す


あわせて読まれている記事

人気のハテナ 急上昇ランキング


Lideaからのお知らせ

irodori - くらしを彩るウェブマガジン
「#my_irodori」プレゼントキャンペーン

注目の記事

夫婦円満都市推進プロジェクト
災害時の清潔・健康ケア

Lidea公式facebookページ 日々更新中!

知っていると便利な情報や
お得なキャンペーンをお知らせします♪