乾燥の季節になると痒みがでるので困っています。

ふよふよさんからの質問

Meister4 face photo

LION ヘルスケアマイスター

山岸 理恵子やまぎし りえこ

健康・美容

ふよふよさんより、肌のかゆみについてご質問をいただきました。

皮膚のもっとも外側の層を「角層(角質層)」といいます。角層は厚さが食品用ラップ一枚分程度のごく薄い層ですが、皮膚の柔らかさを保ったり、皮膚を外部の刺激からバリアする大切な役割を担っています。

この角層は外気の乾燥やストレスにさらされると、表面がめくれ上がったり、ひび割れたりしてすき間ができ、皮膚のバリア機能が低下してしまいます。これが、かゆみを引き起こします。バリア機能が低下した皮膚は外部の刺激物質が入り込みやすくなったり、衣類による摩擦などの刺激を受けやすくなって、かゆみが生じたり、赤みや腫れなどの炎症の発生につながるのです。かゆみが生じた部分をかいてしまうことによってさらに角層が荒れ、しつこいかゆみの原因になることもあります。

乾燥などによるつらいかゆみに対して、普段の生活の中でできる対策をご紹介しますね。
1)乾燥した空気から皮膚を守る
2)紫外線を防ぐ
3)入浴習慣を見直す
4)質の良い睡眠をとる
5)バランスの取れた食事をする
6)皮膚への刺激の少ない衣類を選ぶ

くわしくは、こちらで紹介しています。是非ご覧ください。

つらいかゆみを抑えるには、市販の薬を活用するのもひとつの方法です。
かゆみを止める成分のほか、皮膚の炎症を抑える成分、荒れた皮膚を修復する成分などが配合された薬を薬局でも購入することができます。薬剤師に相談し、自分の症状に合った薬を購入するようにしましょう。
しばらく市販の薬を使用しても症状の改善が見られない場合には、医師など専門家に相談するようにしてください。

※このご質問はメールマガジンを通していただいたものです。

LION おすすめの商品


みんなのハテナ

掃除、洗濯、健康・美容、オーラルケアに関する疑問について、暮らしのマイスターがお答えします

これまでに寄せられた悩みを見る >

質問するには
ログインが必要です


関連するくらしのアイデア

キーワードから探す


あわせて読みたい記事

人気のハテナ 週間ランキング


注目の記事

夫婦円満都市推進プロジェクト
家事フェス
災害時の清潔・健康ケア