上手な舌磨きの方法

ショウユママさんからの質問

Meister1 face photo

LION オーラルケアマイスター

平野 正徳ひらの まさのり

歯とお口の健康

舌についた舌苔って気になりますよね。
健康な人の口臭の多くは舌に付いた汚れである舌苔(ぜったい)が原因といわれています。
ですので、口臭予防にはこの舌苔を取り除くことが重要ですが、
舌はとてもデリケートなので、正しい方法で舌の掃除をすることが大切です。 

舌の掃除のポイント
1.舌の掃除は1日1回が目安。朝がおすすめ
1日に何度も舌をこすると舌の粘膜を傷つけてしまうこともあるので、舌の掃除は1日1回が目安です。朝は舌苔の付着量が多いので、舌の掃除は朝の歯みがき時に行うのがおすすめです。舌の掃除に使うブラシは、普段、歯みがきで使っているハブラシでいいでしょう。「やわらかめ」もしくは「ふつう」の毛の固さのハブラシがおすすめです。また専用の舌ブラシも市販されています。
2.強い力でみがかない
舌は非常にデリケートな組織です。舌の粘膜や味蕾(みらい)を傷つけないよう軽い力で行いましょう。
3.動かす方向は「舌の奥から手前」
ハブラシを舌の「奥から手前」に動かします。細菌をのどに送りこんでしまうので、手前から奥に動かしたり、前後に往復させるのはやめましょう。
4.舌は思いっきり前に出す
ハブラシを口の奥に入れて「おえっ」とならないよう、舌を思いきり前に出しましょう。
5.無理にキレイにしない
長い期間でたまった舌苔は1回ではキレイになりません。毎日掃除をすると次第に落ちやすくなります。舌を傷つけないためにも無理は禁物です。

詳しくは「舌苔」を除去して口臭予防!正しい「舌苔の取り方」7つのポイント」をご覧下さい

*この質問はメールマガジンを通していただいたものです。


みんなのハテナ

掃除、洗濯、健康・美容、オーラルケアに関する疑問について、暮らしのマイスターがお答えします

これまでに寄せられた悩みを見る >

質問するには
ログインが必要です


関連するくらしのアイデア

キーワードから探す


あわせて読みたい記事

人気のハテナ 週間ランキング


Lideaからのお知らせ

Lidea コメント投稿キャンペーン

注目の記事

夫婦円満都市推進プロジェクト
家事フェス
災害時の清潔・健康ケア