奥歯の一番奥の磨き方

40代女性からの質問

Meister1 face photo

LION オーラルケアマイスター

平野 正徳ひらの まさのり

歯とお口の健康

奥歯の一番奥は、確かにみがきにくいですよね。
奥歯はハブラシが届きにくいので、毛先を歯面にきちんとあてるための工夫が必要です。

■「奥歯の奥」はハブラシのつま先で
「奥歯の奥」は、普通にハブラシを動かしているだけでは毛先が届きません。ハブラシのつま先(ハブラシの先端部分の毛)を使ってみがきましょう。噛みあわせ面からハブラシのつま先をあてるようにして下さい。ハブラシは、ヘッドの部分が小さい「コンパクトタイプ」や「超コンパクトタイプ」が適しています。さらに、ヘッドが小さいだけでなく、ハブラシの口に入る部分の体積全体が小さいことが重要なので、ヘッドが薄く、ネックも細いハブラシがおすすめです。

嚙み合わせの面からのハブラシのあて方などは「奥歯の上手な磨き方」をご覧下さい

■しっかりみがくには、集中ケアできる「タフトブラシ」をプラス

普通のハブラシにプラスして、「タフトブラシ(ヘッドの小さい部分用ハブラシ)」を使うと、よりしっかりとみがけます。「奥歯の奥」の歯と歯ぐきの境目に毛先をあて、歯ぐきに沿ってなぞるように動かしてみがいて下さい。

詳しくは「自分の歯並びに合わせてみがける「タフトブラシ」の使い方」をご覧下さい

※このご質問はメ-ルマガジンを通して頂いたものです。

LION おすすめの商品


みんなのハテナ

掃除、洗濯、健康・美容、オーラルケアに関する疑問について、暮らしのマイスターがお答えします

これまでに寄せられた悩みを見る >

質問するには
ログインが必要です


キーワードから探す

人気のハテナ 急上昇ランキング


Lideaからのお知らせ

irodori - くらしを彩るウェブマガジン

注目の記事

夫婦円満都市推進プロジェクト
災害時の清潔・健康ケア

Lidea公式facebookページ 日々更新中!

知っていると便利な情報や
お得なキャンペーンをお知らせします♪