• 立花ひよこ保育園発
  • 714kcal

作る楽しみも一緒に学ぶ!こどもの日の鯉のぼりコンボ

ワカメ ハンバーグ にんじん 豆 小麦粉

こどもの日の鯉のぼりコンボ

来週5月5日は、みんなが楽しみな「こどもの日」!せっかくのイベント、せっかくの祝日ですから、豪華な食卓もいいけれど、お子さんと一緒に料理をしたいもの。深く思い出に刻まれるだけでなく、柏の葉や鯉のぼりのいわれを学ぶ機会にもなりますよ。

レシピ詳細

ワカメおにぎりのつくり方

ワカメおにぎりのつくり方

1人あたり

カロリー 169kcal 調理時間 50分
野菜摂取量 0g アレルギー食材 なし

材料作りやすい分量(5〜6個分)

食材 調味料
七分づき米 2合 小さじ1/2
カットワカメ(乾燥) 3g

※ 計量の単位は、カップ1は200ml、大さじ1は15ml、 小さじ1は5ml

手順

  • 手順1
    1

    米を研ぎ、釜に入れる。塩を加え、いつも通りの水加減で炊飯する。

  • 手順2
    2

    ワカメは水で戻し、ザルに上げて水気を切る。細かく刻み、熱湯でさっと湯がく。

  • 手順3
    3

    炊けたご飯に2のワカメを混ぜ込む。

    [!]お手伝いポイント

    ご飯にワカメを混ぜる。

  • 手順4
    4

    1人前ずつ手に取り、三角形に握る。

    [!]お手伝いポイント

    ワカメご飯を三角形に握る。

調理のポイント

調理のポイント

新芽が出るまで古い葉っぱが落ちない柏は、子孫繁栄の象徴。おにぎりを柏の葉で包めば、お子さんと一緒に、こどもの日の料理が楽しめます。

鯉のぼりバーグのつくり方

鯉のぼりバーグのつくり方

1人あたり

カロリー 197kcal 調理時間 30分
野菜摂取量 46g アレルギー食材 豚肉、牛肉、パン粉(小麦)、コンソメ(乳、小麦、牛肉、大豆、鶏肉)、マヨネーズ(乳、卵)

材料子ども1人分(大人2人+子ども2人分)

食材 調味料
豚ひき肉 25g(120g) コンソメ ひとつまみ(小さじ1)
牛ひき肉 50g(240g) 少々(少々)
玉ねぎ 40g(200g【中1個】) こしょう 少々(少々)
シメジ 6g(30g【1/3パック】)
パン粉 大さじ1(大さじ5)

※ 計量の単位は、カップ1は200ml、大さじ1は15ml、 小さじ1は5ml

手順

  • 手順1
    1

    玉ねぎはみじん切りにする。サラダ油適量(分量外)を熱したフライパンで透明になるまで炒め、取り出して冷ましておく。

  • 手順2
    2

    シメジは石づきを切り落として小房に分け、粗みじん切りにする。

  • 手順3
    3

    ボウルに豚ひき肉、牛ひき肉、パン粉、コンソメ、塩、こしょうを入れ、粘りが出るまで、よく混ぜ合わせる。

  • 手順4
    4

    3のボウルに1の玉ねぎ、2のシメジを加える。よく混ぜ合わせ、小判型に形を整える。

    [!]お手伝いポイント

    ハンバーグのタネを作り、小判型に形を整える。

  • 手順5
    5

    オーブンを200℃に予熱する。オーブンシートを重ねた天板に4のタネをのせ、@@分ほど焼く。

  • 手順6
    6

    きゅうりは棒状に切り、ミニトマトは半分に切る。にんじんはイチョウ切りに、エンドウ豆はさやから取り出し、耐熱容器に入れて1分ほど加熱する。

  • 手順7
    7

    5のハンバーグをお皿にのせる。きゅうり、ミニトマトで鯉のぼりの支柱を、にんじんで尾っぽを表現。さらにマヨネーズを接着剤にエンドウ豆をのせ、目を表現する。

    [!]お手伝いポイント

    きゅうり、ミニトマト、にんじん、エンドウ豆をのせ、鯉のぼりを表現する。

調理のポイント

調理のポイント

支柱となるきゅうり、尾っぽとなるにんじんは、ハンバーグの大きさに合わせてカット。バランスよく切ることで、より鯉のぼりの雰囲気が出ます。

にんじんきんぴらのつくり方

にんじんきんぴらのつくり方

1人あたり

カロリー 33kcal 調理時間 10分
野菜摂取量 56g アレルギー食材 醤油(大豆、小麦)

材料子ども1人分(大人2人+子ども2人分)

食材 調味料
にんじん 50g(240g【大1本】) こめ油 少々(小さじ1)
ピーマン 6g(30g【中1個】) 醤油 少々(小さじ1)
ちりめんじゃこ 6g(30g) みりん 少々(小さじ1/2)

※ 計量の単位は、カップ1は200ml、大さじ1は15ml、 小さじ1は5ml

手順

  • 手順1
    1

    にんじん、ピーマンは千切りにする。

  • 手順2
    2

    フライパンにこめ油を熱し、1のにんじん、ピーマン、さらにちりめんじゃこを入れて炒め合わせる。

  • 手順3
    3

    にんじん、ピーマンがしんなりとしたら、醤油、みりんで味をととのえる。

    [!]お手伝いポイント

    醤油、みりんを加えて味をととのえる。

調理のポイント

調理のポイント

お好みで、仕上げにごま油を加えても美味。コクが増すと同時に、ちょっぴり中華風の味わいに仕上がります。

豆ポタージュのつくり方

豆ポタージュのつくり方

1人あたり

カロリー 165kcal 調理時間 20分
野菜摂取量 50g アレルギー食材 牛乳、バター(乳)、コンソメ(乳、小麦、牛肉、大豆、鶏肉)

材料作りやすい分量(団子20〜25個分)

食材 調味料
エンドウ豆(豆のみ) 25g(120g) バター 小さじ1/2強(大さじ1)
玉ねぎ 20g(100g【中1/2個】) コンソメ 少々(小さじ1)
じゃがいも 30g(150g【中1個】) 少々(少々)
牛乳 35cc(180cc) こしょう 少々(少々)

※ 計量の単位は、カップ1は200ml、大さじ1は15ml、 小さじ1は5ml

手順

  • 手順1
    1

    エンドウ豆はさやから取り出す。熱湯で色よく茹でたら、ザルに上げて水気を切る。

    [!]お手伝いポイント

    エンドウ豆をさやから取り出す。

  • 手順2
    2

    玉ねぎは幅1cmほどにスライスし、じゃがいもは幅1cmほどの輪切りにする。

  • 手順3
    3

    鍋に2の玉ねぎ、じゃがいもを入れる。ひたひたの水、コンソメを加えたら火にかけ、やわらかく煮る。

  • 手順4
    4

    3の玉ねぎ、じゃがいもを煮汁と一緒にミキサーに移し、1のエンドウ豆を加えてカクハンする。

    [!]お手伝いポイント

    3の玉ねぎ、じゃがいも、1のエンドウ豆をミキサーにかける。

  • 手順5
    5

    4のスープを鍋に移す。牛乳を加えてひと煮立ちし、バター、塩、こしょうを加えて味をととのえる。

調理のポイント

調理のポイント

とろみを加えたければ、4のミキサーにかける段階で、ご飯を加えましょう。ご飯のねばり気により、スープにとろみが付きます。

鯉のぼりクッキーのつくり方

鯉のぼりクッキーのつくり方

1人あたり

カロリー 150kcal 調理時間 45分
野菜摂取量 3g アレルギー食材 小麦、バター(乳)

材料作りやすい分量(約20枚分)

食材 調味料
小麦粉 150g
バター 50g
砂糖 40g
牛乳 大さじ1

※ 計量の単位は、カップ1は200ml、大さじ1は15ml、 小さじ1は5ml

手順

  • 手順1
    1

    小麦粉はふるっておく。バターは泡立て器で練り混ぜ、クリーム状にする。

  • 手順2
    2

    ボウルに1の小麦粉、バター、さらに砂糖、牛乳を入れる。まとまるくらいにこね混ぜたら、生地を4等分に分ける。

    [!]お手伝いポイント

    小麦粉、バター、砂糖、牛乳をこね混ぜる。

  • 手順3
    3

    にんじん、ほうれん草は、それぞれ熱湯で茹でる。水気をよく切り、すりこぎなどで潰してペースト状にする。

  • 手順4
    4

    2で4等分した生地のうち、3つにそれぞれココアパウダー、にんじんペースト、ほうれん草ペーストを混ぜ、色づけする。

  • 手順5
    5

    4で色づけした3つの生地を鯉のぼりの形に切る。ココア生地の余りで黒目を、プレーン生地で白目とウロコを作り、鯉のぼり形の生地にのせる。

    [!]お手伝いポイント

    黒目、白目、ウロコ形に切った生地を、鯉のぼり形の生地にのせる。

  • 手順6
    6

    オーブンを150℃に予熱する。オーブンシートを重ねた天板に6の生地を並べ、15分ほど焼く。

調理のポイント

調理のポイント

各パーツは、こちらの写真を見本に切り取りましょう。他の野菜を生地に混ぜ、どんな色に仕上がるか実験感覚、いろんな色の鯉のぼりを作るのもオススメ。

保育園:社会福祉法人 立花福祉会 立花ひよこ保育園

監修者:管理栄養士 堀田 純子


  • LINEで送る
保育園レシピ一覧

キーワードから探す

フリーワードから探す


あわせて読みたい記事

LION おすすめの情報


人気のプロジェクト週間ランキング


Lideaからのお知らせ

Lidea コメント投稿キャンペーン