ママ友には聞けないことが丸わかり!? どうやりくりしてる?我が家のお金事情

File 005
どうやりくりしてる?我が家のお金事情

Q1.お金の管理をしているのは、夫と妻のどちらですか?

Q2.夫に黙って貯めているお金(へそくり)は、いくらありますか?

Q3.黙って貯めているお金(へそくり)は、何に使う予定ですか?

Q4.夫に黙って、額の大きいものを衝動買いしたことがありますか?

Q5.今月はどうしても生活費が足りない!そんな時どうしますか?

夫はお小遣い制が主流!?約60%の家庭で妻が家計を管理

Q1.お金の管理をしているのは、夫と妻のどちらですか?

お金の管理は、半数以上の家庭で妻が行っていることがわかりました。「家庭のお金のことは任せてほしい」と考えている方が多いようです。

約60%の人が「夫に秘密のへそくり」がある!

Q2.夫に黙って貯めているお金(へそくり)は、いくらありますか?

金額は様々ですが、約60%の人が「へそくりをしている」という結果に。へそくりをしている人の金額は、50万円以内という方が、半数を占めています。「最低でも100万円はないと不安」「本当はもう少し、あった方が安心だけど…」など、金額面で納得している人は少ないようです。また、へそくりはしていないけど「本当はしておきたい」という声も多くあげられました。なぜ、そんなにへそくりがしたいのか?ヒントは下の設問にあるようです。

へそくりの使い道は「子どものために」がトップ

Q3.黙って貯めているお金(へそくり)は、何に使う予定ですか?

へそくりの使い道で1番多かったのは、「子どものため」。「学資保険に入っていないので、貯金とは別に貯めておきたい」「子どもの将来、何があるかわからないので」などの理由があげられました。「夫に秘密にして、自分のため使う」という印象の強いへそくりですが、「子どもにかかるお金は計画的にいかないかも…」という思いから、しっかり貯めておきたいと考えているようです。

日頃節約しているから?時には「自分のため」の出費もあり!

Q4.夫に黙って、額の大きいものを衝動買いしたことがありますか?

子どものために、コツコツとへそくりを貯める一方で、「時には衝動買いをすることもある!」という人が40%以上を占める結果に。「美容器具」「アクセサリー」「バッグ」など、女性ならではのものを買うことが多いようです。しかし、「家計に支障がない程度の買い物」と、普段きっちり家計管理をしているからこその買い物のようです。

「今月赤字!」のピンチを切りぬけるにはやっぱり日頃の貯金が大切!?

Q5.今月はどうしても生活費が足りない!そんな時どうしますか?

あえて「生活費が足りなくなったらどうするか」聞かせてもらいましたが、4人に1人は、「足りなくなることはない」という冷静な回答で、また、足りなくなったとしても、日々の貯金で補える人が半数以上と、堅実なお金事情が垣間みえました。ただし、中には「毎月赤字でボーナスを切り崩している」という声もありました。

Lideaのまとめ

自分のためには使わない! へそくりは「子どもにかかるお金」に備える保険

今回の調査では、家計を預かりながら「子ども」のために、コツコツへそくりをする「しっかり者の妻」の姿が浮き彫りになりました。時には、衝動買いもするけれど「家計に支障がない程度」というところに、妻の堅実な様子が感じられました。Lideaでご紹介している、生活の中で役立つ節約の記事もぜひ読んでみてください。

調査概要

●調査期間:2015年2月

●調査方法:WEBアンケート

●調査対象:Lidea会員(全国)既婚女性

関連記事

みんなのコメント(0

この記事へのコメントを投稿してください。




LION おすすめの情報

人気のプロジェクト週間ランキング


注目の記事

家事フェス
災害時の清潔・健康ケア