「様々な腰痛」の原因と症状

Meister4 face photo

LION ヘルスケアマイスター

芳賀 理佳はが りか

「様々な腰痛」の原因と症状

「腰痛」の原因

地面に対して垂直に立った状態の人間の背骨は、重たい頭や胴体など上半身にかかる重力のすべてを支えなければなりません。少し前屈の姿勢をとったり、重い物を持ったりした時などは、さらに負担が大きくなります。このように、常に重力にさらされている背骨が悲鳴を上げた状態が「腰痛」です。

背骨はとても複雑な構造になっているため、どこかにちょっとしたひずみが生じただけでも腰痛の「原因」となることがあります。

様々な「タイプ」や「症状」がある腰痛

腰痛には、様々な「タイプ」や「症状」があります。タイプとしては、鈍痛が続く慢性的なタイプと、突然動けなくなるほどの激痛に襲われる急性的なタイプがあり、症状としては、「筋・筋膜性腰痛」「腰椎捻挫」「椎間板ヘルニア」「腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)」などがあります。

以下に、様々な腰痛の特徴とその原因についてご紹介します。

1.「筋・筋膜性腰痛(きん・きんまくせいようつう)」

長時間の立ち仕事やデスクワーク、車の運転などを続けて、「腰が痛くなった」「腰がだるくなった」と感じることがあると思います。このような腰痛は、正式には「筋・筋膜性腰痛」といいます。

これは腰の骨を支える筋肉や靱帯(じんたい)に疲労がたまった状態で、軽い症状ならすぐに回復します。しかし、筋肉の疲労が積み重なると腰の筋肉がこわばり、うっ血して鈍い痛みを常に感じるようになります。

筋・筋膜性腰痛の主な原因

悪い姿勢、運動不足、肥満などが原因と考えられます。このタイプの腰痛は、特に治療をしなくても、心がけしだいで慢性化を防ぐことができます。

2.「腰椎捻挫(ようついねんざ)」

一般的に「ぎっくり腰」と呼ばれる腰痛は、正式には「腰椎捻挫」といいます。ひざを曲げずに重い荷物や物を持ち上げたり、急にからだをねじったりした時、あるいは十分な準備体操をしないで激しい運動をした時など、腰に負担をかけた時に痛みを感じます。

また、くしゃみをした瞬間に激痛が走ることもあります。

腰椎捻挫の主な原因

大きく分けて2つあります。1つは腰椎の周辺にある関節包や靱帯、筋肉、椎間板などを捻挫あるいは損傷した場合。もう1つは、老化や長期間の腰への負担により、ちょっとした動作が引き金となって発症した場合です。

腰椎の捻挫であれば、ほとんどの場合、痛めた組織が回復すると自然にラクになります。数日から2週間前後が目安ですが、痛みが長引く場合や、排尿障害や血尿といった症状が見られる場合は、すぐに医師の診察を受けてください。

腰椎椎間板ヘルニアや腰椎の圧迫骨折の可能性があるほか、骨のガン、尿路結石などの病気が潜んでいることもあります。

3.「腰椎椎間板ヘルニア(ようついついかんばんヘルニア)」

腰椎の正常な椎間板、ヘルニアを起こした椎間板

「椎間板ヘルニア」は、正式には「腰椎椎間板ヘルニア」といいます。何らかの原因で、腰椎部分の椎体と椎体の間にある椎間板に亀裂が入り、中の髄核が押し出され、それが脊髄神経を圧迫することで、激しい痛みが起こります。

症状としては、腰だけでなく、臀部(でんぶ)から足にかけてひどい痛みやしびれを感じる座骨神経痛などがあり、ひどい場合は排尿ができなくなることもあります。

腰椎椎間板ヘルニアには急性型と慢性型があります。急性型は中腰で重い荷物を持ち上げたり、運動でからだをひねったりした時に起こり、最初は激しい痛みが起こります。ひどい痛みをともないますが、安静にしていれば、次第に痛みは軽くなります。しかし、治療を行わないでいると慢性化するおそれがありますので、医師の診察を受けるようにしてください。慢性型は、特にきっかけがなく、何となく腰や臀部、足などに痛みやしびれが生じたり、治ったりするという状態を繰り返します。

腰椎椎間板ヘルニアの主な原因

背骨に負担をかけている長時間の座り仕事や運転、運動など、椎間板の老化(20歳を過ぎると徐々に老化)、骨の老化(加齢、カルシウム不足、骨粗鬆症など)、姿勢の悪さからくる骨盤の歪みなどが原因と考えられます。

4.「腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)」

正常な椎骨、脊柱管がつぶれた椎骨

「腰部脊柱管狭窄症」は、脊柱管が狭くなり、中を通っている神経が圧迫されるために痛みが起こります。

特に、立って腰が伸びた状態で痛みを強く感じます。背筋を伸ばして歩くと、腰から足の裏にかけて痛んだり、足のしびれを感じたり、足がもつれたりするというのが一般的な症状です。このような症状は朝や寒い季節に多くあらわれます。悪化すると、背中を丸めて寝ないと痛くて眠れなくなります。

腰部脊柱管狭窄症の主な原因

生まれつき脊柱管の狭い人もいますが、椎間板や椎間関節の老化、変形などにより、脊柱管が狭くなることもあります。40~50代以上、特に高齢者に多くみられ、女性より男性にやや多くみられます。

5.「変形性脊椎症」(へんけいせいせきついしょう)

「変形性脊椎症」は、椎間板の老化から、上下の脊椎の骨が変形したために起こります。周囲の筋肉・靭帯も弱くなります。

腰椎を支える筋肉がこわばり、動作の時に痛みを感じますが、からだを動かしていると軽減してくるのが特徴です。しかし、疲れがたまると再び痛みが出てくるので、決して無理をしないことです。

変形性脊椎症の主な原因

痛みの直接的な原因は、筋膜性腰痛症、椎間板症、脊柱管狭窄症などにより起こるものと考えられます。

発症は一般に40歳以後で、若い頃から重労働に従事してきた人や激しいスポーツをしてきた人に多く見られます。

そのほかの「注意」が必要な腰痛

転んだり、事故に遭ったりなどして、外部から衝撃を受けたあとの腰の痛みには「注意」が必要です。特に高齢の場合、打撲だけだと思っていたのに、実は骨にヒビが入っていたり、骨折していていたりというケースもあります。安静にしていても痛む時や、患部に熱がある、痛みが長引くというような場合は、すぐに医師の診察を受けてください。

痛みが長引く時は「医師の診察」を受ける

腰痛は腰そのものが悪くなくても、内臓などの疾患によって引き起こされることがあります。これらの痛みは、鈍痛となって慢性的に起こることがほとんどです。泌尿器科疾患などのほか、悪性腫瘍の転移など重い病気の可能性もあるため、痛みが長引く時や、夜間寝ている時に痛みがひどくなる場合は、軽い腰痛と見逃さず、すぐに「医師の診察」を受けてください。

LION おすすめの商品

健康・美容

この記事を作成・監修したマイスター

みんなのコメント(0

この記事へのコメントを投稿してください。



    みんなのハテナ

    掃除、洗濯、健康・美容、オーラルケアに関する疑問について、暮らしのマイスターがお答えします

    これまでに寄せられた悩みを見る >

    質問するには
    ログインが必要です

    キーワードから探す


    あわせて読まれている記事

    人気のアイデア 急上昇ランキング


    Lideaからのお知らせ

    irodori - くらしを彩るウェブマガジン

    注目の記事

    夫婦円満都市推進プロジェクト
    災害時の清潔・健康ケア

    Lidea公式facebookページ 日々更新中!

    知っていると便利な情報や
    お得なキャンペーンをお知らせします♪